橋渡し研究戦略的推進プログラムでの活動

社会的背景

我が国は既に世界に先駆けて超高齢社会を迎えている。
我が国の基礎研究を展開して医療技術の開発を推進し、その成果を活用した健康寿命の延伸を実現するとともに、医療制度の持続性を確保することが求められている。
 

活動の目的・概要

「健康寿命の延伸を目指した次世代医療」の実現というビジョンの下、他の橋渡し研究支援拠点等との連携を深めつつ、中国・四国地域を中心とした大学等の優れた基礎研究の成果から革新的な医薬品・医療機器等を創出するための支援を継続していく。
 

期待される効果

革新的な医薬品・医療機器等の創出や、医療費の抑制に資する革新的な医療技術を創出することで、我が国の健康長寿の延伸に寄与し、世界の全ての人があらゆる年齢において健康であることを目指すことに貢献する。
医療分野に係る発明・技術を社会実装させることで、科学技術イノベーションによる我が国のヘルスケア市場の活性化、地域活性化に資する。
 

参考URL

https://seeds.hsc.okayama-u.ac.jp/
 

全国10か所の橋渡し研究支援拠点

© Okayama University

Search by
Search by
Free Wordフリーワードから検索する

検索例

Search by
Search by
Themeテーマから検索する
Search by
Search by
SDGsSDGs17目標から検索する
貧困をなくそう 飢餓をゼロ すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう
Search by
Search by
Department部局から検索する
Search by
Search by
Representative担当者から検索する