歌う学校づくり、歌う地域づくりによる子育て支援活動「親子と地域をつなぐ大合唱祭:みんなで歌おう音楽会」

 社会的背景


近年、様々な形で子育て支援が展開されるようになったが、親子や地域の人々が繋がりを築くことのできる感動体験を共有するような機会は少ない。
 

活動の目的


本活動は、学校や地域において共に「歌うこと」で子どもたちにとって豊かな人間成長の支えとなるような絆を育む音楽活動を展開し、子育て支援の一役を担うことを目的とする。
 

活動の概要:


2017年4月より「歌う学校づくり、歌う地域づくりによる子育て支援活動(福武教育文化振興財団助成事業に採択:2017年度、2018年度)」の一環として取り組み、これまでに2回の音楽会を開催してきた。音楽会では、専門家や本学の学生、参加者(親子・地域の人々等)がそれぞれの立場や世代を超えて、一緒に歌い合う・声を合わせるプログラムを展開している。
 

期待される効果:


①音楽活動を通した子育て支援の実現につながる。②「子どもと音楽」に関する大学の研究成果を教育現場や地域に還元することができる。③地域の音楽教育の発展や文化活動の振興の一役を担う。④教育現場や地域の専門家との協働により、学生の学びも豊かになり大学教育の活性化にも繋がる。


◎本取組は2021年度岡山大学SDGs推進表彰(President Award)奨励賞を受賞しています。活動発表会の様子は以下の動画でご覧ください。

令和3年度岡山大学SDGs推進表彰(President Award)取組発表会「歌う学校づくり、歌う地域づくりによる子育て支援活動 『親子と地域をつなぐ大合唱祭:みんなで歌おう音楽会』」


 

専門家と学生の協働による歌の文化の伝承

学生から子どもたちへ

世代や立場を超えて共に歌う場面

担当者

大学院教育学研究科 「子どもと音楽」研究チーム

Search by
Search by
Free Wordフリーワードから検索する

検索例

Search by
Search by
Themeテーマから検索する
Search by
Search by
SDGsSDGs17目標から検索する
貧困をなくそう 飢餓をゼロ すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう
Search by
Search by
Department部局から検索する
Search by
Search by
Representative担当者から検索する