超急速充電を実現する電気自動車向け超電導非接触給電システムの開発

社会的背景

今後、カーボンニュートラルの実現に向けて、電気自動車(EV)が急速に普及すると考えられる。しかし、従来のEVへの充電方式では、充電時間の長時間化が課題である。そのためには従来の充電方式より遥かに高速である新たな充電方式が必要である。
 

活動の目的

急速充電可能な非接触給電システムを実用化するために、世界で初めて本格的な「超電導コイル」を用いたEV用非接触給電システムの基盤技術を確立する。
 

活動の概要

超電導コイルに交流電流が流れた場合には、交流損失が生じる問題がある。したがって、EV用非接触給電システムに適した低損失の超電導コイルを開発する。
 

期待される効果

超急速充電可能なEV用非接触給電システムが実現できれば、EVの普及に拍車がかかり、CO2排出量を削減できるため、カーボンニュートラルの実現へ大きく貢献する。

 

Search by
Search by
Free Wordフリーワードから検索する

検索例

Search by
Search by
Themeテーマから検索する
Search by
Search by
SDGsSDGs17目標から検索する
貧困をなくそう 飢餓をゼロ すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう
Search by
Search by
Department部局から検索する
Search by
Search by
Representative担当者から検索する