資質・能力でつなぐ SDGs×総合的な学習の時間

本校の「総合的な学習の時間」では,実生活・実社会と自分とのつながりに関心をもち,人・もの・こと・社会・自然を尊重したり,課題を発見したり実際に働きかけたりして探究的な学習に自主的・主体的取り組む態度を大切にしています。これまでは,生物多様性,環境,街づくり,福祉,平和,多文化共生など幅広い学習内容を扱い,子供がSDGsを身近に感じられるようにしてきました。この取組に加えて,令和3年度は各学年の代表的な単元を資質・能力でつなぐことを試みています。 具体的には「ESDの視点に立った学習指導で重視する能力・態度」「総合的な学習の時間」で育成したい「学びに向かう力・人間性等」を右図のように関連付けて取り組んでいます。さらに,各学年で発達段階に応じて育成したい態度を設定し,単元と単元につながりをもたせています。そうすることで,子供が継続して実生活・実社会と自分とのつながりに関心をもち続けることができるようにしています。このつながりを意識した取組により,自ら課題を発見し他者と協働しながら課題解決に取り組むといった持続可能な社会づくりに必要な態度の育成を目指しています。

 

担当者

稲本 多加志

草地 貴幸

小池 舞

高橋 英理子

福島 康介

松本 拓也

三村 怜子

宮﨑 唯

美甘 祐子

吉平 万里子

Search by
Search by
Free Wordフリーワードから検索する

検索例

Search by
Search by
Themeテーマから検索する
Search by
Search by
SDGsSDGs17目標から検索する
貧困をなくそう 飢餓をゼロ すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう
Search by
Search by
Department部局から検索する
Search by
Search by
Representative担当者から検索する