CLS第一期生のデイビッド・アンダーソンさんの旅立ちを祝い、槇野学長と対談  「岡山から学んだこと」は?

 米国務省重要言語奨学金(CLS)プログラムの第一期生であり、本学社会文化科学研究科の研究生として学ぶデイビッド・アンダーソンさんが、この度ハーバード大学に進学することになりました。7月1日、槇野博史学長に帰国にあたってのお礼の表敬訪問をした際に、対談を行いました。

 アンダーソンさんは、米国務省により選抜された全米トップクラスの若者が、日本語と日本文化を集中的に学ぶ「米国務省重要言語奨学金(CLS)プログラム」の第一期生として、2019年6月に本学に来学しました。第一期生の中でも日本語力は抜きんでた存在で、真庭市をはじめとする岡山の「市民参加のまちづくり」に興味を持ったとのこと。  

 その後、アンダーソンさんは、アメリカ・フルブライト奨学金を獲得し、2021年7月から、地域総合研究センターの岩淵泰准教授のもとで、研究生として一年間、真庭市を中心にフィールドワークを行うなど岡山のまちづくりについて学びました。

 槇野学長との対談の中で、アンダーソンさんは、本学で学んだ、SDGsに貢献する持続可能なまちづくりや多様な歴史を紹介。「岡山には山、海、街など日本を代表する景観があり、その中で地域の人々と交流することで、『本当の日本』を発見できた」と岡山への愛を語りました。これに対し、槇野学長は「アンダーソンさんは、感性が豊かで、岡山に住んでいる人も気づけていない魅力を再発見してくれた。日米の懸け橋として、是非また岡山を訪れてほしい」と応えました。

 最後にアンダーソンさんから、本学の学生たちに「恐れず様々なものに積極的に参加してみてほしい。きっと世界が広がるはず」とエールが送られました。ハーバード大学では、日本研究のメッカであるライシャワーセンターで学ぶことになります。槇野学長からの「アンダーソンさんの益々のご活躍に期待しています」との励ましの言葉で、対談は終わりました。

 

対談を行う槇野学長とアンダーソンさん(右)

岡山への愛を語るアンダーソンさん

アンダーソンさんへエールを送る槇野学長

本件問い合わせ先

【本件問い合わせ先】
総務・企画部広報課
TEL:086-251-7292

Search by
Search by
Free Wordフリーワードから検索する

検索例

Search by
Search by
Themeテーマから検索する
Search by
Search by
SDGsSDGs17目標から検索する
貧困をなくそう 飢餓をゼロ すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう
Search by
Search by
Department部局から検索する
Search by
Search by
Representative担当者から検索する