Audi Japan、真庭市と2030年の未来を考える「未来共創ミーティング」に参加

4月13日、14日に、真庭市をe-tron(Audiの電気自動車)で巡るイベント「Audi Sustainable Future Tour」(Audi Japan主催)が開催されました。このイベント2日目に真庭市蒜山のGREENable HIRUZEN 風の葉において、2030年の未来を考える「未来共創ミーティング」が行われ、本学の教員、大学院生が参加しました。

このミーティングは、電気自動車の普及等により、SDGsの取組みを推進するAudi Japanが、同じくSDGsの取組みに積極的な真庭市と本学に働きかけて実施したものです。本学からは、学術研究院自然科学学域(工)の河原伸幸教授、大学院自然科学研究科機械システム工学専攻(博士前期課程)の藤田友輝さん、同研究科電子情報システム工学専攻(博士前期課程)の兼信みのりさん、大学院環境生命科学研究科資源循環学専攻(博士前期課程)の今村陽子さん、同研究科社会基盤環境学専攻(博士前期課程)の有森匠さんの教員1人、大学院生4人が参加し、Audi Japanのマティアス シェーパース社長、真庭市の太田昇市長とEV(Electric Vehicle)、エネルギー、環境について、ディスカッションを行いました。

学生からは、自動車の販売台数を増やすことで利益を得る自動車メーカーのビジネスモデルにも質問がおよび、マティアス シェーパース社長は、「自動車の販売台数を増やし続けるビジネスモデルは、SDGsの観点からも厳しい状況にある。今後は、自動車に搭載するOS(Operating System)で利益を上げるビジネスモデルが重要になってくると考えている。我々のライバルは、GoogleやAppleになるかもしれない」と答えました。

SDGsの取組みを通じて、企業、行政のトップと直接対談することができ、学生達にとって素晴らしい機会となりました。
 

モデレーターを務める河原教授

学生の質問に答えるマティアス社長(左)

参加者全員での集合写真 ※撮影時のみマスクを外しました。

本件問い合わせ先

岡山大学SDGs推進本部
(事務担当:総務・企画部 社会連携課)
TEL:086-251-8491

Search by
Search by
Free Wordフリーワードから検索する

検索例

Search by
Search by
Themeテーマから検索する
Search by
Search by
SDGsSDGs17目標から検索する
貧困をなくそう 飢餓をゼロ すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう
Search by
Search by
Department部局から検索する
Search by
Search by
Representative担当者から検索する