お知らせ
2021/11/17

SDGsを実践体験!本学学生が児島湖流域清掃大作戦に参加

 11月7日、「令和3年度児島湖流域清掃大作戦」[New window](主催:児島湖流域環境保全対策推進協議会)が児島湖流域7会場で実施されました。
 本学でも、地元岡山の児島湖への関心を高め、清掃活動を通じて児島湖流域の環境保全への理解を深め、集めたゴミから環境問題を考えてほしいという願いから、1年生対象の全学ガイダンス科目「岡山大学入門講座」履修者や留学生向け相談室の利用者に参加を呼びかけたところ、有志学生12人と担当教員2人が西川緑道公園周辺会場に集まり、西川アイプラザから岡山大学病院までの枝川緑道公園を清掃しました。
 活動に参加したグローバル・ディスカバリー・プログラム1年のマティン・ジュナイードさんは「これまで様々なボランティア活動を経験してきましたが、このイベントで大学生活をスタートできたのは喜びであり、名誉なことでした。岡山大学の学生や岡山の人々が環境保全活動に積極的であることを知ることができ、さらに良い経験となりました。(訳)」と熱く語ってくれました。  
 また、医学部医学科1年の松岡あさひさんも「本当に色々なゴミが落ちていて驚きました。天気が良かったこともあり、とても楽しい時間でした。都合があえばぜひ参加したいです。」と来年に向けて、二人とも頼もしい感想を語ってくれました。
 児島湖の水質は長期的には少しずつ改善していますが、環境基準の達成には至っていないのが現状です。毎年9月~11月は「児島湖流域環境保全推進期間」と定められており、この活動はこの期間に合わせての恒例行事となっています。本学は、岡山地域や国際社会と一体にとなってSDGsを推進する大学として、また、地域社会の課題解決が出来る人材育成のために、今後も積極的に地域の活動に取り組んでいきます。

【本件問い合わせ】
学務部学務企画課教育支援グループ(教養教育担当)
TEL:086-251-8433、8434

枝川緑道公園での清掃活動
令和3年度児島湖流域清掃大作戦参加者