「ライトダウン イン 岡大2022」の実施について

本学は、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」などにより、地球温暖化対策のため、ライトアップ施設や家庭での照明の消灯を呼び掛ける運動として全国で実施されてきた取り組みを、その趣旨に賛同し行ってまいりました。

一方政府では、地球温暖化対策について、2050年のカーボンニュートラルを目標に掲げ、そのための取り組みを飛躍的に推進させる計画を打ち出しており、本学においてもカーボンニュートラル戦略本部を設け、地域と連携して様々な取り組みを行っていくこととしています。これに加え、昨今の燃料費高騰等による電力料金の上昇が、国際情勢により加速化・長期化することが懸念され、本学の健全な運営のために、節電により電力消費量をより一層抑えていくことが必要となっています。

これらのことを踏まえ、従来の取り組みを拡大し、全てのキャンパスにおいてライトダウンへの協力・呼びかけを行うこととしました。

今回の取り組みを契機とし、岡山大学が一丸となって、地球温暖化防止及びカーボンニュートラル、並びに節電に対する意識を高めると共に、日常における取り組みを推進いたします。

■趣 旨 身近な施設照明の消灯等による地球温暖化防止・カーボンニュートラルへの啓発、節電意識の向上を図る。

■実施日 
4月22日(金) アースデー
6月21日(火) 夏至の日 
7月 7日(木) クールアースデー(七夕)
9月10日(土) 中秋の名月

■実施場所 全キャンパス
(特に中央図書館、自然科学系総合研究科棟、陸上競技場(津島地区))

■実施方法 各実施日の夜間に消灯(ライトダウン)する。

■実施内容 
・中央図書館及び自然科学研究系総合研究棟の屋外ライトアップの中止。
 (第2回(6月21日)から第4回(9月10日)までの夏季期間中は連日中止) 
・陸上競技場の照明を中止。

※当日は、全学的な取り組みとして、夜間活動の休止や定時退勤などにより、積極的に夜間消灯に努めます。
 

Search by
Search by
Free Wordフリーワードから検索する

検索例

Search by
Search by
Themeテーマから検索する
Search by
Search by
SDGsSDGs17目標から検索する
貧困をなくそう 飢餓をゼロ すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう
Search by
Search by
Department部局から検索する
Search by
Search by
Representative担当者から検索する