廃品内に取り残された充電電池の回収技術

充電電池の一種であるリチウムイオン電池は,家電製品などに幅広く使用され,我々の生活に欠かせないものとなっています。しかし,製品に内蔵されたリチウムイオン電池は,取り外されることなく廃品工場に持ち込まれることも多くあります。リチウムイオン電池は廃品工場で保管・処理している間に発火する恐れがあり,実際に廃品工場で廃品内のリチウムイオン電池による火災が発生し,社会問題となっています。そのため,リチウムイオン電池が廃品に含まれているかどうかを検知し,抜き取る作業が必要となります。しかし,膨大な数の廃品からリチウムイオン電池が含まれる廃品のみを探し出すことは困難です。

本研究では電池に磁場を印加し,リチウムイオン電池に起因する磁気信号のみを検出する手法を開発しています。この手法が実現できれば,非破壊・非接触で廃品内のリチウムイオン電池を迅速に発見することが可能となり,廃品工場における安全性の向上や労力の低減,電池のリサイクル率向上などに貢献できます。

 

膨大な数の廃品内からリチウムイオン電池を含む廃品のみを磁気応答により探し出す

リチウムイオン電池からの磁気信号の測定

担当者

Search by
Search by
Free Wordフリーワードから検索する

検索例

Search by
Search by
Themeテーマから検索する
Search by
Search by
SDGsSDGs17目標から検索する
貧困をなくそう 飢餓をゼロ すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう
Search by
Search by
Department部局から検索する
Search by
Search by
Representative担当者から検索する