生体親和性組織接着材の開発

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう

発展途上国では、インフラの立ち遅れ、医療技術の未発展、医療人材と知識の不足などの理由から、形成外科領域の疾患を負った多くの患者たちが手術を受けることができずにいます。
医療用接着剤は、熟練した技術が必要とされる縫合の代替となり、救急時の応急処置など広範囲に利用できます。しかし、現在使用されている医療用接着剤には、接着性あるいは生体親和性に改善すべき点があります。
この活動は、生体親和性と接着性に優れた組織接着材の開発を通して、人々の健康的な生活の確保に貢献します。
さらに、この活動により得られる成果は、様々な分野に応用可能な技術を提供します。例えば、異種植物の接合癒着を利用した接木技術の高効率化、適応作物の拡大、それにともなう高品質・低価格な農作物の供給が期待され、さらに、海外への日本発の新規技術移転が可能となります。

 

外傷や手術創

 

表面ナノ構造を制御した生体親和性接着材

 

参考URL

http://www.okayama-u.ac.jp/user/biomat/

担当者