水資源・食料生産に関する気候変動影響評価と適応策検討

  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 1.貧困をなくそう
  • 2.飢餓をゼロに
  • 15.陸の豊かさも守ろう

目的・活動

気候変動によって地球規模で雨の降り方が変わり、これまでよりも世界各地で洪水や渇水が増えることが予測されていますが、変化の生じ方は地域や季節によって様々です。
そこで、地球観測に関するビッグデータを利用しつつ、さらに対象地域での現地調査・環境計測・ヒアリング等の実施を通じて地球規模の現象を物理的にダウンスケーリングして解析し、気候変動がもたらす降水・水資源の変化について『人々の生活圏スケール』で評価しようと試みています。その上で、防災(洪水・渇水対策)、水力発電、都市用水等との兼ね合いも考えながら気候-水-農業のネクサスを統合的に扱い、限りある水資源をどのように管理して農地整備・食料生産を行っていくべきか、地域ごとに各地域の地域特性を考慮しながら検討しています。

今後の計画

これまで開発・適用してきた解析ツール(数値モデル)を様々な地域に横展開していきながら、世界各地での適応策検討に資する情報提供を行っていきたいと考えています。

 

担当者