産官学連携による依頼計測とデータ解析

  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 8.働きがいも経済成長も

目的・活動

労働人口が減少傾向による社会において経済成長を持続するためには技術革新による産業の効率化および新しい製品や新しいトレンドが生み出される成長可能なマーケットの創出が必須と言われている。しかし個々の企業のみで新産業を創成できるだけの研究開発力を賄うことは極めて困難である。そこで企業,公的研究機関,大学が権益や利害の垣根を越えて自由にイノベーションに参画して,その成果を共有できるオープンイノベーションに期待が高まっている。岡山大学分析計測・極低温部門は企業の研究開発をサポートする活動の一環として,大学が擁する分析機器とその操作・解析スキルを持つエキスパート教職員の高い技能を有償で提供する依頼測定サービスを提供している。オープンイノベーションにおける大学の役割は,技術と情報を集約して地域社会に研究開発の場を提供することであり,まさにオープンイノベーションの扇の要としての活動が期待されている。
 

今後の計画

大学間包括協力契約,産学連携を拡げることにより近隣大学および地域産業に情報共有の場を提供すること。依頼測定の積極的な受入と広報を行って,地域社会の発展と技術革新を支える。学生マイスター制度の活用による若手人材の育成も目指す。高価な機器類のリユース情報も今後広く展開したい。

参考URL

http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp
http://fspp.kikibun.okayama-u.ac.jp

担当者