刑法における被害者の危険引受けに関する研究

  • 16.平和と公正をすべての人に
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

社会的背景

国家レベルでの法の支配を促進するために、刑法上の諸問題の適切な解明が必要であるが、刑法における被害者の危険引受けについての我が国の今日までの研究は、必ずしも十分ではない。

 

活動の目的

本研究の目的は、例えば飲酒運転への好意同乗の場合に、同乗者が「交通事故は起こらないだろう」と安易に考えて同乗したこと(これを「被害者の危険引受け」という)などが、犯罪の成立要件にどのような影響を与えるのかを明らかにすることである。

 

活動の概要

ドイツ法と日本法との比較研究によって、両国の重要判例と学説を丁寧に検討し、被害者の危険引受けの意義を解明する

 

期待される効果

刑法の理論的研究において、法律専門家に有益な知見を提供するとともに、それが刑事裁判で実際に用いられるならば、市民にとって、納得のいく公正な裁判結果が得られるようになる。
 

 

担当者