世界初!英国バース大学創設「気候行動バッジ」を本学グローバル・エンゲージメント・オフィスの教職員が受賞

 本学の横井篤文上席副学長・ユネスコチェアホルダー、グローバル・エンゲージメント・オフィスチーフ・オフィサーの原田美樹国際部国際企画課専門員、そして同オフィスの津波優グローバル・アドミニストレーター(University Global Administrator: UGA)が1月6日、英国バース大学(University of Bath)が創設した「気候行動バッジ(Climate Action Badge)」の最初の受賞者(The first recipient)となりました。「気候行動バッジ」は、気候変動の緊急事態に立ち向かう価値ある貢献や先駆的な活動に取り組む教職員や学生ならびに地域、国内、世界で活躍するバース大学の戦略パートナーに贈られるものです。

 バース大学は、英ガーディアン紙の英国大学ランキング「The Guardian University Guide 2023」にて国内第7位にランクイン。さらに英国内の大学を評価する英タイムズ紙の「The Times and The Sunday Times Good University Guide 2023」でも最優秀の「University of the Year」を受賞するなど、英国内でもトップレベルの総合大学です。

 昨年10月、横井上席副学長らは同大学を訪問。両大学とも参画している世界190ヵ国以上の代表ユースが集う「One Young World」サミットにおいて、世界規模の大学間ネットワークの協業提案をはじめ、これまでの国連と大学連携強化を踏まえた本学グローバル・エンゲージメント・オフィスにおけるユネスコチェア「持続可能な開発のための研究と教育(Education for Sustainable Development: ESD)」のグローカルでの推進、国連貿易開発会議(UNCTAD)との協働による若手女性研究者のエンパワーメントのためのプログラム「Young Female Scientist Programme」の創設、国連平和大学内にある地球憲章国際本部(Earth Charter International: ECI)と連携した地球全体のウェルビーイング(planetary well-being)の活動など高い評価を受けました。また、バース大学との一連の会合では、特に気候変動対策、学生交流、共同プロジェクトに関する教育・学習面での両校の協力の機会について、多角的かつ建設的な意見交換が生まれ、協力関係が深まり、さらなる革新的なプロジェクトが展開される道が開かれたことも今回の受賞につながりました。  

 横井上席副学長は「本受賞は私たち個人に対してだけではなく、サステナビリティとウェルビーイングを地域と共に全学で推進してきた本学にとって栄誉なことだと思っています。また、社会的インパクト評価の先進国でもある英国内トップレベルのバース大学から、本学グローバル・エンゲージメント・オフィスの地球社会へ貢献する取り組みに対して評価いただいたことは大変光栄です。今後の励みとして、さらに地球全体のウェルビーイングの共創に尽力していきたい」と述べました。

 今年の夏には、年間を通して授与された方々に対して、バース大学は「気候行動バッジ」の公式な授与式と記念イベントを開催する予定です。

○英国バース大学公式サイト
 「Climate Action」の「気候行動バッジ」授与に関する記事

○気候行動バッジ(Climate Action Badge)について
 英国バース大学の教職員や学生は、気候変動の緊急事態に立ち向かうため、変革の先駆者であり、意義ある行動を先導しています。こうした価値ある貢献や先駆的なアプローチを評価するために、バース大学は「気候行動バッジ(Climate Action Badge)」を創設し、これらの個人やグループに授与しています。また、パートナーシップやコラボレーションは、気候変動対策を成功させるために不可欠なものであり、地域、国内、世界で活躍するバース大学の戦略的パートナーにもバッジが贈られています。持続可能な方法で調達された竹で作られたバッジには、迷宮への挑戦と集団的思考による解決策の両方を表す「気候行動(Climate Action)」のロゴが含まれています。木に似た形は、気候変動の破壊的な影響に苦しむ人々や地域社会とともに、私たちが緊急に必要な行動を取らなければ自然もまた影響を受けることを思い起こさせるようなデザインとなっています。
 

気候行動バッジを付けた記念撮影

バース大学Rajani Naidoo副学長との対談

バース大学キャンパスの風景

気候行動バッジ

本件問い合わせ先

グローバル・エンゲージメント・オフィス
TEL:086-251-8326(国際部 国際企画課)

Search by
Search by
Free Wordフリーワードから検索する

検索例

Search by
Search by
Themeテーマから検索する
Search by
Search by
SDGsSDGs17目標から検索する
貧困をなくそう 飢餓をゼロ すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう
Search by
Search by
Department部局から検索する
Search by
Search by
Representative担当者から検索する