岡山大学が国連平和大学で開催された地球憲章国際会議に協力参画し、槇野博史学長が招待出席しました。

 12月1~2日、「地球憲章国際会議2022(2022 Earth Charter Conference)」が中米コスタリカの首都サンホセ市にある国連平和大学(United Nations-mandated University for Peace: UPEACE)で開催され、本学は協力機関として参画、槇野博史学長及び横井篤文上席副学長(特命(グローバル・エンゲージメント戦略)担当)・ユネスコチェアホルダー兼地球憲章国際審議会委員(Earth Charter International (ECI) Council member)が現地にて招待参加しました。

 会議に先立ち11月30日に地球憲章国際審議会が開催され、槇野学長が地球憲章国際審議会委員を前に岡山大学とその取組について紹介しました。地球憲章国際審議会にはこれまで元首相・大統領をはじめ、国連・国際機関や政府関係者、ならびに世界的に著名な思想家、学者、教育者、環境活動家、社会イノベーターなどさまざまな世界的リーダーが参画しています。会合には、マイケル・ブラッケン(Michael J. Bracken)地球憲章国際本部会長(Chair of ECI Board)をはじめ、ミリアン・ビレラ(Mirian Vilela)地球憲章国際本部事務局長(Executive Director of ECI)・ユネスコチェアホルダー、地球憲章国際本部前会長で世界的な環境教育者のカーティケヤ・サラブハイ(Kartikeya Sarabhai)氏らが出席。審議会委員からは、今まで本学が地球憲章国際本部と連携し、活動してきた実績に感謝が述べられるとともに、本学の取組に関して積極的な意見交換がなされました。

 続く12月1~2日の会議では、「地球のウェルビーイングを中核に据える:意識から行動への呼びかけ(Putting Planetary Well-being at the Core: A call to Turn our Conscience into Action)」と題し、世界12カ国19人のスピーカーの講演やテーマや言語ごとに分かれたブレークアウトルームでのディスカッションが行われました。2日目のPlenary 6「未来の世代のためにどのような地球のウェルビーイングの遺産を残したいか?(What legacy of Planetary Well-being do we want to leave for future generations?)」では、地球憲章国際審議会委員として横井上席副学長が登壇。人類と地球が共存するために、私たちのマインドセットを変えるためのインスピレーションとしての地球憲章の意義を問いかけると共に、そこに未来へのインスピレーションとしての若者たちの夢や希望を巻き込むことへの重要性を話しました。会の最後には、地球憲章国際本部から岡山大学へこれまでの貢献に対する感謝の言葉とトロフィーが槇野学長へ送られ、盛会のうちに終了しました。

 また今回の訪問では、在コスタリカ日本国大使館を訪問し、小松親次郎全権特命大使、白方信行参事官及び小松﨑佳次三等書記官と会談しました。岡山市とサンホセ市は2019年に姉妹都市締結50周年を迎え、地域一体でのさらなる交流の促進や、岡山大学と中米の大学や国際機関等との交流について意見交換しました。

 槇野学長と横井上席副学長がコスタリカを訪問するのは 2019年の12月の国連平和大学訪問に続き2度目となります。今回の訪問を契機に、ユネスコが推奨する地球憲章と新たなイニシアチブ「ESD for 2030」の統合的な取り組み、また、若者を巻き込んだ活動をますます推進してまいります。
 

槇野学長が地球憲章国際審議会で本学の活動や取組について発表

横井上席副学長による発表の様子

地球憲章国際本部から贈呈されたトロフィー

小松特命全権大使らと記念撮影

本件問い合わせ先

グローバル・エンゲージメント・オフィス
TEL:086-251-8326(国際部 国際企画課)

Search by
Search by
Free Wordフリーワードから検索する

検索例

Search by
Search by
Themeテーマから検索する
Search by
Search by
SDGsSDGs17目標から検索する
貧困をなくそう 飢餓をゼロ すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 安全な水とトイレを世界中に エネルギーをみんなに そしてクリーンに 働きがいも経済成長も 産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に具体的な対策を 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう
Search by
Search by
Department部局から検索する
Search by
Search by
Representative担当者から検索する