DNA関連技術による健康社会の実現

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 2.飢餓をゼロに
  • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 13.気候変動に具体的な対策を

社会的背景

DNA(Deoxyribonucleic acid)はほとんどすべての生物における遺伝情報の物質的本体であるが、DNAは細胞内外の様々な要因によって損傷を受ける。少子高齢化や環境汚染に対抗する健康社会の実現には遺伝情報の健全な維持、すなわちDNA修復を始めとする関連技術の応用が期待される。

 

活動の目的

生物はDNAに負った損傷を修復する機能(DNA修復)を備えている。様々な修復活性から有用な活性を見出すとともに、修復されない(されにくい)損傷生成を応用した医療・環境対策について貢献する。
 

活動の概要

ある種のDNA修復酵素はDNA損傷の検出ツールとして応用できることから、環境汚染物質の生物影響の解明や評価につなげていく。また、DNAを標的にした治療方法や有害生物の駆除等の手法への応用も検討していく。

 

① DNA修復酵素活性を応用したDNA損傷検出システムの概要
② 水中放電プラズマを利用した水浄化システムの概要

期待される効果

本研究によって、がんをはじめとする様々な疾病を克服した社会が実現する。また、環境問題の解決に向けた手法の開発にも貢献する。最近の成果は、AIP Advances 9, 045005 (2019); doi.org/10.1063/1.5092296。

担当者