物質科学に基づく温泉学の実践

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11.住み続けられるまちづくりを

社会的背景

鳥取県内には170以上の温泉が湧出しており、観光資源として、また地域住民の健康増進・文化活動において大きな役割を担っている。

 

活動の目的

温泉の効能は、日常生活を離れる転地(心理)効果や温熱・静圧力などによる物理効果などの複合的な要因によると考えられてきた。しかし、病状回復への直接的な薬理効果について、温泉の化学組成・物性に基づいた実証研究はいまだ充分に行われておらず、質の高い基礎的な保健サービスへのアクセスを達成するためには、科学的アプローチに基づく探求が必要となる。

 

活動の概要

惑星物質研究所の地球惑星物質総合解析システムを用い、温泉水の化学組成を高精度で決定し、温泉の効能と泉質の関係を科学的根拠に基づき実証するための分析手法の開発を完了し(Hoang et al., 2018)、解析を進めている。

 

期待される効果

研究成果に基づき、温泉医療の基礎的データを提供するとともに、全国をリードする湯治・保養体制の構築に繋げ、あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する。

 

 

参考URL

https://pml.misasa.okayama-u.ac.jp

担当者