ゲノム医療従事者の養成とゲノム医療の普及

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう

社会的背景

 近年急速に発展しているゲノム解析技術を用いて、個人の遺伝子多型、疾患の遺伝子変異などゲノム情報を疾患予防や治療などの医療に活用するゲノム医療が広まりつつある。しかし、国内でゲノム医療に従事するスキルを持つ者はまだ少なく、ゲノム医療の更なる発展には、その人材養成は喫緊の課題となっている。

活動の目的

 ゲノム医療を実践する医師のみならず、ゲノム医療を支える看護師や臨床検査技師や薬剤師、さらには非医療職を含むゲノム医療従事者の養成を行い、ゲノム医療の普及と適切な運用体制の整備を進める。

活動の概要

 ゲノム医療を支える看護師や薬剤師や臨床検査技師、窓口業務をサポートするコーディネーター、データの解析・処理を行うデータサイエンティストなど、多様な人材を養成する。ゲノム医療に対する理解を深める資料や動画の公開、講義・実地研修会等を開催し人材の育成を図る。

期待される成果

 多様な人材育成によりゲノム医療が広く確実に社会実装されることで、本邦のみならず世界の人々の健康寿命の延伸に寄与することが期待されている。

 

動画:ひと目で分かるがんゲノム医療の流れ
YouTubeで公開中
資料:ひと目で分かるがんゲノム医療の流れ
https://www.genomicx.net/ で公開中

 

参考URL

https://www.genomicx.net/

担当者