より良い口腔状態実現にむけた親と子への歯科治療、歯科材料講習会の開催

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに

 むし歯および歯周病は、患者の栄養状態や歯の喪失、QOLにも影響を及ぼします。また、口腔内の細菌は様々な疾患との関係が明らかになってきています。
  このイベントは、岡山市主催で開催される科学キッズフェスティバルの一環で行われており、一般の人々を対象としたものです。特に幼稚園から小学校までの子供とその親をターゲットにしています。
内容は歯科治療で使われる材料を実際に手で触りながら、模擬治療を行います。また、口腔疾患の予防を啓蒙するポスター展示をもとに岡山大学歯学部所属の歯科医師が子供や両親に歯科治療の流れや内容の説明を行います。すべての人々に対する質の高いヘルスケアサービスのアクセス向上を目指し、2012年から毎年開催しています。

Exhibition: 歯を科学する!
Event: 科学キッズフェスティバル
Date: Every year, December 
Local: Okayama Lifelong Learning Center
Participants: 120

Hands-on workshop with kids showing how to treat caries (tooth decay)

 

 

 

 

Panel explanation about caries formation and prevention

 参考URL:http://www.okayama-u.ac.jp/user/biomat/

担当者