障がい者の意志疎通の円滑化を目指す実践的活動

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 16.平和と公正をすべての人に

2016年4月より、障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律が施行され、我が国におけるすべての活動に、障がい者を含むすべての人が円滑に参加することができるよう、合理的配慮の提供が義務化された。しかしながら、活動への参加にあたって、障がい等により、内容を享受することの困難さが生じている場合がある。
そこでこの活動では、内容を知る、意思を伝える等、「意思疎通」の困難さを有している人に応じた調査・研究・実践による一連の行動を進め、我が国におけるすべてのコミュニケーションの円滑化を目指していくことを目的としている。

【主な活動】

  • 聴覚障がい者・発達障がい者・肢体不自由者等における大学の講義や一般の講演会への参加支援
  • 啓発のための研修会等の開催
  • 意思疎通支援にかかる人材の育成に関する学生・教  職員向けプログラムの実施

 

 

参考URL

https://www.iess.ccsv.okayama-u.ac.jp/shien/syougai/

担当者