メタンハイドレートからの効率的エネルギー回収

  • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう

<目的>

地球上にあまねく存在する水をエネルギー資源として利用することは、化学エネルギーの創生とエネルギーサイクル構築の観点から極めて重要。次の2点に対する指針を提供することを目的とする。

(1)日本近海に埋蔵されているメタンハイドレート(メタンと水の結晶)からのメタンの生産、ガス貯蔵

(2)環境負荷の少ないハイドレートを、水素やオゾンの安全な貯蔵法や蓄冷材として活用

 

 

<活動>

  • メタンハイドレート、水素ハイドレートなどの安定性の基礎原理の確立
  • スパコン「京」およびポスト「京」を用いた大規模 シミュレーションによるメタン及び二酸化炭素ハイドレート生成解離機構の解明
  • セミクラスレートハイドレートの蓄冷剤としての活用方法の探索

 

<今後の計画> 

  • 溶液化学、生物化学で重要な疎水性水和とハイドレートの構造・物性の相関の研究
  • 極端条件下での窒素や一酸化炭素ハイドレート生成条件の理論、ならびに外惑星系におけるハイドレートの存在可能性の探求

 

【左上】ハイドレート構造
【左下】 「京」を用いた、融解とメタン生成のシミュレーション

 

担当者