学力低位の子の意欲向上と基礎学力の完全習得の保証

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 1.貧困をなくそう

 タブレットやスマートフォンの普及により、個人の大量の学習データを一元的に集約できる時代が到来。さらに新技術(マイクロステップ法)により収集される高精度教育ビッグデータを解析することで、これまで測定できなかった、実力レベルの成績の積み重ねを世界で初めて可視化し、その個別フィードバックを実現(→図1)。

 どの学習者も成績は確実に向上し、結果のフィードバックにより、特に意欲を失っている子どもの主体的学習意欲を劇的に向上させられることを保証できるようになった(→図2)。

 貧困の連鎖は、子どもの主体的意欲を上げることと個別最適化されたe-learningがあれば断ち切ることができる。

長野、徳島、岡山、香川、鳥取、福岡の小中高校と児童養護施設で社会実装が始まる他、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)に採択され、国家プロジェクトとして全国展開を進めることになった。学力低位の子どもの意欲向上は世界的にも解決できなかった課題。途上国等で、一人一人の子どもに対する教育支援を提供していくことも視野に(→図3)。 

参考URL:

http://https://edu.okayamau.ac.jp/~shinri/terasawa/index.html

担当者