食の安全・食料安定供給に関する技術開発

  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 2.飢餓をゼロに
  • 13.気候変動に具体的な対策を

目的・活動

農作物の品種判定は食の安心・安全に関わる重要な検査です。近年国内優良品種の海外への無断持ち出し、あるいは偽装表示などの権利侵害が問題となっています。そこで私たちは、このような権利侵害を取り締まるべく、正確・簡便に農作物品種を識別可能な技術を開発しています。生物のゲノム中にあるレトロトランスポゾンとう「動く遺伝子」に注目し、また次世代シーケンサーで解析することによって効率的に多数のDNAマーカーを開発できる技術を確立しています。また現場検査に対応した簡便かつ短時間で検査ができる技術も開発しています。
 一方、気候変動に適応した作物品種の育成に関する研究にも取り組んでいます。遺伝的に複雑な作物種を対象に病虫害抵抗性や収量性など重要な農業形質に関わる遺伝子を同定し、品種改良(育種)に貢献できる成果を出すべく、研究に取り組んでいます。

担当者