脱ガラパゴス:グローバルスタンダードの医療人養成

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

目的・活動

グローバルに活躍できる医療人を育成するため、入学から卒業まで学修レベルに応じた専門職業人教育を実践、反転授業を含むアクティブ・ラーニング導入やICT教育の普及、チーム参加型臨床実習の積極推進を含む、様々な医学教育改革を敢行。基礎・社会医学系および臨床系教育企画委員会、医学教育学生会、学生教員連絡会議(何れも毎月開催)を通して月例FDを実行。学生企画の授業やオリエンテーションを実施、学生をプログラム委員会に登用するなど学生の教育への参画を推進。医学研究インターンシップや海外臨床実習でより多くの学生を海外に出し、海外から学生を受入れ、学生のグローバルな経験を拡充。外部評価を定期的に行い、教育改善に反映。

 

今後の計画

世界基準に対応した指導方法を習得した指導者を養成し、社会情勢に即した医療教育を実践するとともに、グローバルに活躍できる医療人(医師・医学研究者)を育成する。

 

 

 

参考URL

http://www.okayama-u.ac.jp/user/med/merc/MERC/HOME.html

 

担当者