気候変動下で頻発する水害から命を守る防災研究

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 13.気候変動に具体的な対策を

目的・活動・今後の計画1 

 近年、全国各地で豪雨による大規模な水害が頻発しており、超過洪水に対する治水安全度の向上への新たな対応が必要とされている。超過洪水対策の検討には、氾濫原の地物(建物、道路、水路等)を考慮した氾濫流解析が不可欠である。本研究では、これら地物の影響を効率的に考慮できる氾濫流解析モデルの開発とともに、実水害の再現計算や土石流解析とのカップリング、氾濫流を考慮した避難解析モデルの構築を進めており、より高度な治水対策方法の提案を目標に研究を行っている。

 

目的・活動・今後の計画2

 我が国の河川では樹林化が進行し、河道の洪水疎通能力を下げ、異常気象と相まって氾濫リスクを高めている。安全な河道設計には河川の詳細な測量や植生調査が必要であるが、従来、人手による現地計測が主であった。そのため、計測の安全性やコスト、限定的なデータ数や定量的評価が課題であった。一方、近年、航空レーザー測量(ALB)の技術が向上し、上記課題を含めて河川の実務的諸問題を解決する可能性が指摘されている。本研究ではALB計測データを活用して、安全な河道の設計に資する調査・研究を行う。

 

 

担当者