陸上生態系における生物の役割の解明

  • 15.陸の豊かさも守ろう
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう

社会的背景

現在、人間活動の高まりにより地球上の多くの地域で生態系機能の劣化、生物多様性の減少や外来種問題などの地球環境問題が深刻化しつつあります。

活動の目的

これらの問題に対応するためにも、生態系のエネルギーや栄養塩の流れがどのように決まっているのか、その仕組みの解明が重要です。

活動の概要

私たちは熱帯から寒帯の様々な森林において、植物や動物、微生物がどのようにエネルギーや栄養塩の流れに関わっているのかを調べています。その主要な手段として物質や生物の同位体組成に着目して研究を行っています。

期待される効果

これらの研究結果は生態系の保全や回復、外来種問題への対応に必要な知見をもたらすと考えています。

 

調査地の一つであるマレーシア、サラワク州、ランビルヒルズ国立公園。世界で最も高い生物多様性を持つ森林の一つです。
このような熱帯雨林は急速に失われつつあります。

 


 

担当者