健康長寿社会の実現に向けた新しい骨誘導材料の開発と応用

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう

活動の目的

世界的な高齢化が進むにあたり、骨疾患および骨折は患者のQOL低下に関連する主要な原因の1つとなっています。生体材料学分野では、骨再生を促進するための新しい技術や材料の開発を進めています。

 

活動の概要

材料科学の観点および生命科学の観点、双方向から骨形成および調節プロセスの詳細な検討を進めた結果、肥大化した軟骨細胞の力刺激による破裂とそれに起因した石灰化機構を見出しました。これら結果はこれまでにない骨再生の短縮化を実現する基盤技術になり得ます。開発された技術、材料については、質の高い基礎的なヘルスケア・サービスのアクセス向上に向け産官学での取り組みを進めています。

1- Identification of cell membrane nanofragments as nucleation site for mineral formation.
2- Fabrication of artificial cell nanofragments for in vitro mineralization.

 

参考URL:
http://www.okayama-u.ac.jp/user/biomat/

担当者