健康長寿を目指し一次予防を推進する新たな看護基礎教育プログラムの開発(継続課題)

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 16.平和と公正をすべての人に

社会的背景・目的

本邦の健康課題として健康長寿の延伸が挙げられてきたが、これまでの研究は高齢者が地域の人との繋がりの中で役割をもち活躍することの重要性を示してきた。また、健康長寿を短縮する要因としての生活習慣病のリスクは、小児期から作られ、貧困状態にある子どもがハイリスクにある可能性も示されている。そこで、地域の課題として小児期からの生活格差の是正を通じた生活習慣病予防を挙げ、これを高齢者とともに解決する活動を通じて、ヘルスプロモーション活動の実際を学ぶ。

活動の概要

本事業は主に保健師養成課程の授業(現時点では公衆衛生看護学技術ⅠおよびⅢ)において構成するが、時間外の課外授業を含み、その参加は任意とし将来サークル化する。

1)小児期からのヘルスプロモーション(課外授業)

鹿田地区にある「子ども食堂」等での寺子屋活動を通し、生活習慣病ハイリスクの可能性のある子の生活を知り問題点を検討。

2)高齢期のヘルスプロモーション(課内授業)

町内会の高齢者を中心に気になる課題解決の会合を開催。①で得た問題点を整理し、解決策を検討する。

期待される効果

ヘルスリテラシーだけでは改善しない健康寿命を延伸するために、大学教育が橋渡しになり地域の問題解決を推進する。学生の生きた教材として活用できるだけでなく、そこに関係機関を巻き込むことで、一次予防対策を推進できる。

 

参考URL

http://www.okayama-u.ac.jp/user/childhealth/

担当者