ビッグデータサイエンス技術者の育成

  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

目的・活動

医療分野の研究開発に資するための医療/研究情報に関し、加工医療情報作成事業への従事希望者をターゲットとして育成を行います。医療/医学研究ビッグデータ利活用のための技術的・職業的スキル集団のネットワーク形成によって、雇用、仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させます。

  • バイオインフォマティックス技術者育成コース

技術者育成機関として、ビッグデータを取り扱う企業への就職を目指す人材をターゲットとして育成を行います。卒後は学内外医療/研究機関、企業への就職をゴールとします。バイオインフォマティックス技術者ネットワークの形成は健康・医療に関する先端的研究開発及び産学連携新産業創出を促進し、もって健康長寿社会の形成に資します。

  • バイオインフォマティックス技術習得コース

研究者集団として、医療者をターゲットにして医療情報研究活動(オミクス研究)を通じて医療関連遺伝子情報、及び匿名加工医療情報等の取扱いに関する規制等への成熟を目指します。

ARTキャリア養成特別コース(医歯薬学総合研究科)、MPHコース(医歯薬学総合研究科)を関係部局協力を得て実施します。

 

今後の計画

次世代精密医療として、遺伝子診断をベースとした予防医学の概念を本教育カリキュラムの他高等教育機関へ普及します。eラーニングを活用したオンライン授業の実施による教育研究の国際化と大学院教育を充実します。中高生への出張授業や夏季研修の実施で、広い層に向けてバイオインフォマティックスに必要な基盤技術の教育を啓発し、地域基盤での医学情報技術者育成の底上げを行います。

担当者