サステイナブル・キャンパスの構築

  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を

目的・活動

持続可能な社会のモデルとなる「サステイナブル・キャンパス*」を構築することを目的とする。以下の諸活動により、サステイナブル・キャンパスを創成し、SDGsの達成を推進することで、社会の先導的役割を果たす。
*サステイナブル・キャンパスとは、CO2削減、廃棄物対策等の環境配慮活動と共に、環境教育・環境研究、地域連携、運営管理等の取組みを実施し、持続可能な環境配慮型社会の構築に貢献する大学活動をいう。

  • 大学活動の環境負荷を制御し、環境負荷の少ないキャンパスを創成する。
  • 教育・研究活動により、持続可能な社会を実現する人材を育成する。
  • 地域とのコミュニケーションを通して、持続可能なパートナーシップを具現化する。

今後の計画

  • (サステイナブル・キャンパスに向けての実践活動)

「岡山大学環境方針」環境目的・目標を達成するための大学活動の取組み(地球環境保全の重点テーマ)

  • (教育)

 講義「サステイナブルキャンパスを目指して」の開講

  • (地域とのコミュニケーション)

 「環境報告書」の公表
 

担当者