高効率社会の基盤構築にむけたビックデータマネジメント

  • 8.働きがいも経済成長も
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう

目的・活動

社会問題化している低賃金長時間の作業環境の改善は喫緊の課題である。本事業は、作業プロセスの遡及的解析と再設計を行うことで、作業の効率化を無理なく果たし、よって一人あたりの経済成長率の維持向上を図るものである。またあわせて、こうした知識と技能を持つ人材を養成する。遡及的解析は、現象の推移を記録した時系列データ、もしくは物事の特長を複数の観点から掲げた列挙型データを対象に実施。一連のデータ解析には、処方薬の治療効果や副作用確率の算出、お薦めOTC医薬品の選出、保険薬局での調剤待ち時間短縮など、医学薬学分野で活用され発展した手法を利用。本事業を通じて、窓口の混雑解消、従業員の動的配置、医薬品購入量の予測等、作業や経営の効率化が期待される。社会人大学院生の学位論文テーマに適格。

今後の計画

協力医療機関における患者待ち時間の改善計画の実証実験の実施、実証実験からのフィードバックに基づく解析モデルの修正。社会人リカレント教育や公開講座・出張講座によるプロセス効率化法の啓発を通じ、知識の普及と社会活動全般の効率化を目指す。
 

担当者