健康フェスタの開催

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに

目的・活動 


岡山大学医学部創立150周年記念プロジェクトならびに持続可能な開発目標(SDGs)支援プロジェクトとして、あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進することを目的として、2019年5月5日~6日に、岡山コンベンションセンターにおいて第2回目の「健康フェスタ in Okayama」を開催しました。

本フェスタは、山陽新聞社との共催で、岡山県、岡山市及び岡山県医師会等の後援を得て開催しており、2019年度は、10月に開催されたG20岡山保健大臣会合の半年前イベントとして位置づけ、岡山の強みである医療・保健への取組を広くアピールするため、本学医療系キャンパスの教授陣らによる特別講演、公開講座、健康・医療情報に関する展示・体験ブースを用意し、2日間で延べ約4,000人が健康についての知識を深めました。

今後の計画

岡山大学医学部創立150周年を迎える2020年は、更に充実した内容とするよう計画している。

 

担当者