研究・教育関連

令和元年度 岡山大学ティーチング・アワード「SDGs 関連授業」

このたび、令和元年度の受賞者が以下のとおり決定しましたので、お知らせします。

受賞科目

コミュニケーション開発1

担当教員

全学教育・学生支援機構 RUCYNSKI JOHN EDWARD 准教授

選考理由

 この科目は,学生がディスカッションのテーマを主体的に選択できるよう,教員が様々な形で例を示すことにより,学生の学習効果を高めることに成功している,テーマ指向型外国語教育の先進例となる授業です。

 また,SDGsの観点においては,テーマとして世界共通の様々な社会問題に焦点をあてており,異分野のみならず,異社会,異文化の視点や見識を深められ,「グローバル実践人」の養成に適した授業構成となっております。

 これらの点から,SDGsに関連した授業として,他の教員の授業改善の参考となる工夫がなされていると考えられるため,ティーチング・アワード表彰 SDGsに関連した授業の受賞科目と決定いたしました。

受賞コメント

At the university level, English language courses should involve more than just passively memorizing vocabulary and grammar rules. Students have reached the stage where English is a tool for them to actively communicate as young global citizens. One example of this is using CLIL (Content and Language Integrated Learning) courses as a method for increasing awareness about the Sustainable Development Goals. In the course Healthy & Sustainable Societies / Communication Development, learners are tasked with being a discussion leader several times throughout the course. For each of these discussions, they need to choose at least one SDG that is connected with a respective social issue. They then need to: 1) research the topic independently, 2) summarize their research for their classmates, and 3) lead a discussion based on the independent research and respective social issue and SDG. Through these discussions, learners increase their awareness of the SDGs and also learn that they are not issues that occur only in developing countries, but issues and problems that all societies face.

分科フォーラム(オンライン)の様子(画面右上がRUCYNSKI准教授)

岡山大学ティーチングアワード

岡山大学の教育改革を先導する先進的な授業科目や優れた教育を行っている授業科目の担当教員を表彰する制度です。その教育実践を全学に広め、教育改善を図ることを目的としています。平成27年度科目より導入され、今回で5回目の表彰です。令和元年度に実施した全ての教養教育科目のうち、「アクティブラーニングを活用した授業」、「SDGsに関連した授業」、「外国語を使った授業」、「全学的に広めるべき優れた教育を行っている授業」の4つの区分で表彰されます。