研究・教育関連

新型コロナウイルスについて学ぶ子どもにも分かりやすい教材を、知識流動システム研究所らと共同で開発

新型コロナウイルスについて学ぶ児童向け教材の一部

 岡山大学SDGs推進本部は、一般社団法人知識流動システム研究所などと共同で、児童・生徒、さらに中高・大学生や社会人とともに新型コロナウイルスへの理解を深め、感染予防を進めることを目的とした教材「新型コロナウイルスについて、いっしょに考えよう!」の企画・開発を行いました。教材は4月2日より同研究所HPで公開しています。  新型コロナウイルスの感染者数などの状況は地域で大きく異なりますが、学校や校外学習、さらに日常のさまざまな場面で新型コロナウイルスへの理解を深めることが、感染予防には不可欠です。また、学校再開を控える地域にとっては、感染予防を着実に進めるとともに、新型コロナウイルスの感染拡大という現実課題を通じて生徒が学んでいく視点も重要です。  本教材は、私たちが疑問に思いがちなことを科学的な観点から平易に説明し、小学生でも「窓を開ける」「友だちと離れる」などに納得して行動できるように工夫しています。また、ウイルスへの興味をきっかけに科学的な関心が深まるようにQ&Aを用意しています。  今後、全国の自治体や学校などに本教材の配布や活用を呼びかけていきます。

【本件問い合わせ先】
総務・企画部広報課
TEL:086-251-7013